特定原産地証明書について

原産地証明書には「(一般の)原産地証明書」と「特定原産地証明書」の2種類あります。どちらも「貿易取引される商品の国籍を証明する書類」ではありますが、以下のような違いがあります。

  • (一般の)原産地証明書…輸入国の法律・規制や貿易取引の契約書・信用状(L/C)等で要求されるもの
  • 特定原産地証明書…取引先から経済連携協定(EPA)を利用して関税の減税・免税目的で要求されるもの

特定原産地証明書対象国

(平成30年8月現在)

アセアン、インド、インドネシア、オーストラリア、スイス、タイ、
チリ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、ペルー、マレーシア、
メキシコ、モンゴル

 

岡山商工会議所では「特定原産地証明書」については発給を行い、審査いたしませんので、ご注意ください。

  • 業務時間:平日の9:15~17:15 ※ただし、12:00~13:00を除く
  • 発給場所:岡山商工会議所 本所3階 地域振興課(岡山市北区厚生町3-1-15)



「特定原産地証明書」を必要とされる方は、日本商工会議所のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

岡山商工会議所 事業推進部 地域振興課
〒700-8556 岡山市北区厚生町3丁目3-15
tel:086-232-2262 fax:086-225-3561
岡山商工会議所 西大寺支所 総務企画課
〒704-8116 岡山市東区西大寺中3丁目6-15
tel:086-942-0101 fax:086-942-0103