カラーコーディネーター

仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験です!
オフィスや自宅、ショップやウィンドウ、テレビや雑誌、インターネット上など全ての場所に溢れている色。世相がその年の流行色に反映されたり、商品やデザインの色によって大ヒットが生まれたりと、色彩は文化や時代の流れに大きな影響を与えてきました。
色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。 仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる、それがカラーコーディネーター検定試験です。

事務職から専門職へとキャリアアップ!
「会社の中で他の人と違うスキルを身に付けたい」、「今までと違う自分を見つけたい」と色彩に関する専門的な知識を身に付けたことで事務職から専門職へのキャリアアップの実現や、「色」を活用し接客や仕事ツールの場面などビジネスの場で有効に活用できる知識です。

企業の企画・開発部門の人材育成に!
「商品を引き立たせる並べ方」や「照明の明るさや誘導表示の色」など、色の関する基礎知識があるとお客様やクライアントからの要望に対して、より効果的な商品陳列や適確な製品説明を説明することができます。企画制作やデザインの専門部署や店長クラスの人材育成試験におすすめします。

認定講師になり活躍の幅が広がる!
カラーコーディネーター検定試験では、十分な知識と指導力を持っている方を認定する「認定講師制度」があります。認定講師の肩書を持っているということで、企業や地方公共団体、学校からの仕事が増えましたという声を聞きます。信用と信頼のある東京商工会議所認定の資格制度へあなたもチャレンジしてください。

詳しくはこちら