ビジネスマネジャー

企業組織の要である管理職(マネジャー)の土台づくり

管理職(マネジャー)は、企業と社員の結節点として、事業分野や企業規模を問わず“経営ビジョンの伝達・浸透”や“事業戦略の策定・遂行”、“チームのモチベーションと結束力の向上”、“人材育成”などといった多様かつ重要な役割を担っています。まさに企業の浮沈の鍵を握る要の存在です。
それだけに、マネジャーの任を果たすことは容易ではなく、高い能力が要求されます。また企業にとっても、優秀なマネジャーを育成することは不変の最重要課題です。
一方、時代の変革のスピードはますます速くなり、ダイバーシティ(人材の多様性)も深化する中、これまでの業務経験だけに頼るマネジメントでは対応が困難な時代が到来しています。
新たな目標にチャレンジするときや自分のチームに問題が発生したときに、ゼロから理論や手法を学び始めるのでは対応が遅く、取り残されてしまうでしょう。

管理職(マネージャー)は企業の浮沈の鍵を握る要の存在!

そのため、マネジャーはマネジメントに関する総合知識を身につけることが不可欠となっています。換言すると、マネジャーが成果<アウトプット>を出し続けるためには、マネジメント知識を継続して習得<インプット>しなくてはならない時代であるとも言えるでしょう。
ビジネスマネジャー検定試験は、マネジャーとして活躍が期待されるビジネスパーソンに対し、その土台づくりのサポートを目的とし、「あらゆるマネジャーが共通して身につけておくべき重要な基礎知識」を効率的に習得する機会を提供します。

“チームとして成果を出す”マネジメントに必要な知識

マネジャーのミッションは「チームとして成果を出すこと」です。
ビジネスマネジャー検定試験では、そのミッションを果たすために必要な知識を大きく3つのカテゴリーに分類し、多岐にわたる実践的な知識を体系立てて学習できるよう、分かりやすく整理しています。
カテゴリーは、コミュニケーションや人材育成、チームビルディングなどを学ぶ「人と組織のマネジメント」、事業管理や課題に応じた戦略の立案などを学ぶ「業務のマネジメント」、リスク管理やコンプライアンス、メンタルヘルスやハラスメントの職場管理を学ぶ「リスクのマネジメント」に分類し、ビジネスの実践の場で必要不可欠な知識や情報を網羅しています。

詳しくはこちら