ビジネス実務法務

自分を守る、仕事の法律入門
それがビジネス実務法務検定試験です!

“ビジ法”は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。例えば、営業で取引先との契約書を締結する場面を想像してください。契約内容に不備や不利益がないか発見し、正しい判断ができれば、トラブルを未然に防ぐことができます。身につけた正しい法律知識は、業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。同時に、自分の身を守ることにもなります。
なお、ビジ法は企業活動の主要分野を多くカバーしているので業種も問いません。

昇進・昇級に!

ビジ法を習得することは「仕事の質を高める」ということに繋がります。管理職には、部下のリスク管理に効果的です。また、人事異動や、担当業務が変わってもスムーズに新しい仕事を処理する幅広い応用能力が身につけられます。

多くの企業が採用!

公式テキストでは、実際のビジネスシーンに即した法律知識の内容で、実務を行う上で大変役立ちます。なんとなく…で進めていた業務上の判断も自信がもてるようになります。まずは、試験問題例で自分のレベルを確認してみては?

社員のミスが企業の大きなダメージに!

昨今、企業の不祥事が発生すると刑事責任や損害賠償だけでなく社会から厳しいペナルティーを受けます。例えば、個人情報の漏えいは1人の社員の”うっかり”ミスで会社に大きなダメージを与えます。会社にとって、社員が法律知識を習得していることは絶対条件です。

詳しくはこちら