ビジネス会計

近年、損益計算書や貸借対照表などの財務諸表(決算書)を理解できる能力(会計リテラシー)の重要性が高まっています。

ビジネス会計検定試験は、財務諸表に関する知識や分析力を問うもので、財務諸表表す数値を理解し、ビジネスに役立てていくことに重点を置いています。

新聞記事を理解する、自社の決算内容を理解する、新しい取引先や投資案件を評価する、株式投資をするなど、様々な場面で、会計の知識が求められます。経理部門の方に限らず、あらゆる部門・立場の方に会計の知識は役立ちます。本検定試験は、実社会で役立つ会計の知識を習得するのに有効です。

簿記検定は、日々の取引を記録し、仕訳などを通して財務諸表を作成するプロセスを主な範囲としています。一方、ビジネス会計検定試験は、作成時に用いられた会計基準や法令を理解し、財務諸表を分析して企業状況を把握することを目的としています。

そのため、両検定は相互補完の関係にあります。どちらから学び始めても大丈夫ですが、両検定を学習することでさらなる「会計リテラシー」の向上が期待できます。

詳しくはこちら