岡山夢菓匠 敷島堂(おかやまゆめかしょう しきしまどう)
  007果実企業紹介

竹久夢二の生家に近いことから、夢二にちなんだ和菓子を数多く製造・販売。素材や味わいにこだわり、一切妥協のないお菓子作りを長年にわたって続けています。目指しているのは「地域の中で、なくてはならない存在になること」。地域の人々を大切に考え、お菓子を通して愛される店作りへの取り組みを行っています。看板商品である「夢どら」や、天皇陛下献上菓である「夢二の宵待草」などのほか、最近は生ブッセなどの洋菓子も人気です。

 
さちのか苺大福
1個270円(税込)
使用した果実/西大寺産さちのか苺
 

007果実line

「おいしさ」につながることは、すべて実行。 作り手の思いが込められた、「いちご大福」

「どこにもない、おいしいいちご大福を」。店主の熱い思いから始まった、いちご大福作り。何より主役の苺選びが大切と考え、生地や餡と好相性なものを探しました。そんな中、出合ったのが「西大寺いちご組合」が手掛ける「さちのか苺」。中でも最高等級である「秀」、サイズは「2L」のものを使用しています。この厳選された苺の味わいを優しく引き立てるのは自家製餡。また、生地には九州産肥沃米で作るお餅を使い、早朝から職人が1つ1つ手包みしています。作り置きはせず、製造した日のみの販売。そんなこだわりが生むおいしさが評判を呼び、1月中旬から3月中旬頃までの販売期間には、他県からもわざわざ来店されるほどの人気です。

007果実shikishimado1-5 007果実こだわり1

<苺>
使用している「さちのか苺」は、果肉がしっかりしているうえ、食べたときに感じる瑞々しさが特徴的。濃厚な甘みと程よい酸味は、餡の甘みに負けることなく、まさに「いちご大福」にぴったりの品種です。栽培が難しく大量に出荷はできませんが、「西大寺いちご組合」が出荷する他の品種も含めた数は、県内3分の1を誇り、「おいしいと満足してもらえることが1番の喜び」と生産者は語ります。まるで子育てのように、1粒1粒に愛情を込められた、安心・安全な苺たちです。

 
007果実shikishimado1-6 007果実こだわり2

<自家製餡>
敷島堂の餡は、すべて原材料にこだわった自家製。小豆は北海道十勝産に限定しています。小豆の風味を最大限に引き出すことを信条に、職人が製法と味に妥協せず作り上げる餡は、店の看板の一つ。それぞれの商品に合わせて製餡するため、生地とのバランスも抜群です。「いちご大福」で使われるのは、そのためだけに炊き上げられる白餡と、販売日限定の粒餡の2種類。主役である苺の風味をうまく引き立てる上品な味わいが魅力です。

007果実企業情報

岡山夢菓匠 敷島堂(おかやまゆめかしょう しきしまどう)
■岡山県瀬戸内市邑久町尾張1153-1
TEL 0869-22-0059(代)
http://www.shikishima.co.jp/
  販売店舗
岡山夢菓匠 敷島堂 県内9店舗(邑久総本店、平井店、瀬戸店、大元店、西大寺店、富山店、原尾島店、庭瀬店、赤磐店)