原産地証明書

原産地証明書とは「貿易取引される商品の国籍を証明する書類」のことです。

あくまでも「国籍」を証明する書類となりますので、原則、都道府県産を証明するものではございません。農産物や食品などを輸出する際は、お間違えないようにご注意ください。

消える筆記用具を使用した証明書は一切受け付けません。申請前に今一度ご確認ください。

原産地証明書が必要な場合

  • 輸入国の法律や規制に基づく場合
  • 貿易取引の契約書や信用状(L/C)で必要とされる場合

必要書類

  1. 原産地証明書   必要部数+当所控え1部(フォトコピー不可)
  2. 商業インボイス   1部(フォトコピー不可)

※上記に加え、パッキングリストなどの典拠書類が必要になる場合があります。

基本的な作成方法

典拠書類 原則、「商業インボイス」の価格以外の記載内容を転記して作成すること。
インボイスに記載のない内容は、原産地証明書に記載できません。
申請者 原産地証明書・商業インボイス両方のサインが「事前」に登録され、申請時点で有効であること。
未登録・有効期限切れの場合は、発給できません。
申請時期 原則、「船積み前」に申請すること。
ただし、船積後6ヶ月までであれば発給可能。
証明書用紙 岡山商工会議所の「所定用紙」を使用すること。 用紙は当所にて販売しております。
原産地証明書1枚に記載しきれない場合はこちらをご覧ください。
使用言語 原則、「英語」で作成すること。(日本語も不可)
出力方法 タイプまたはプリンターにより「印字」すること。(サイン部分のみ手書き)
原産地証明書入力用ファイル(WORD形式)はこちらです。
※枠線がうまく表示されない場合は、「表ツール」→「レイアウト」→「グリッド線の表示」を選択。

詳細については、当所にて「申請者事務マニュアル」を販売しておりますので、ご購入ください。

発給方法( ラバー証明と肉筆証明)

原則、発給の簡便化・迅速化の観点から「ラバー証明」により発給しております。
「ラバー証明」とは、岡山商工会議所証明印と署名をラバースタンプ(ゴム印)で押印するものです。
しかし、一部の大使館・領事館や信用状(L/C)の指示で「肉筆証明」を必要とされる場合があります。
「肉筆証明」とは、当所署名権限者の署名が手書き(肉筆)で発給されるものです。必要な場合は、事前にご連絡ください。

その他

「外国産原産地証明書(商品が外国産であること)」や「船積後6ヶ月~1年を超える場合」、「認証済み証明書の追加発行・差し替え」などについては、ご相談ください。

お問い合わせ先

岡山商工会議所 中小企業・地域振興部 地域振興課
〒700-8556 岡山市北区厚生町3丁目3-15
tel:086-232-2266 fax:086-232-5269
岡山商工会議所 西大寺支所 総務企画課
〒704-8116 岡山市東区西大寺中3丁目6-15
tel:086-942-0101 fax:086-942-0103