ITを味方につけて売上・生産性をあげよう ~消費税軽減税率導入 事前対応セミナー~

2018年9月08日 | カテゴリー お知らせ, セミナー等  |

消費税軽減税率対策窓口相談等事業

ITを味方につけて  売上・生産性をあげよう

今、話題のRPAって何? 

「RPA」とは、ソフトウェアのロボットにより、人の代わりにパソコン操作するなど自動化することで、業務の品質向上、作業時間の短縮、業務変更対応工場などの業務の生産性向上を実現するソリューション。

 

 来年秋には、消費税が10%に引き上げられ、同時に軽減税率制度も導入されます。それに伴い、企業における事務の複雑化が予想されます。事務の負担を軽減するには、ITをうまく取り入れることこそ生産性向上につながります。お金をなるべく掛けずに効率的にシステムを導入し、生産性・利益を上げる方法・事例をご説明します。 さらにSNS・ホームページなどのネットを活用した情報発信で効果的に売上を上げるコツと事例もお伝えします。

~消費税軽減税率導入 事前対応セミナー~

【日 時】10月24日(水)

                    <セミナー>   14:00~16:00

                     <個別相談会>  16:00~16:30

【場 所】 岡山商工会議所 4階 会議室(岡山市北区厚生町3-1-15 )

【内 容】 ①消費税・軽減税率の制度概要

      ②IT化の前に自社で取り組むべき現状業務の見える化と問題点の把握

      ③会計・販売・在庫管理の クラウドのシステム化

      ④SNS・ホームページを活用した効率的な情報発信

      ⑤今話題のRPAって何?

【定 員】 30名(定員になり次第、募集を締め切らせていただきます)

【受講料】 無 料

【講 師】 今城真奈美(株式会社アイビーシステムズ代表・知的資産経営認定士)             ソフトウエア開発会社にて、システムエンジニアとして従事した後、独立起業し、ITコンサルタント及びシステムエンジニアとして活動する。主として製造業・衣類卸売業・運送業・医療関係の業務の効率化を得意とし生産性の向上が叫ばれる中小企業において業務上の課題を解決するために現状分析を徹底的に行い、業務プロセスを可視化・定量化することで問題の本質をあぶり出す。IT及び統計手法や経営のフレームワークを用いて解決策を模索して実行支援を行う。その傍ら企業内IT 管理者育成、SNS、Web サイトを利用した広報戦略立案を行う。

〇個別相談―申込書にてお申込下さい。

【申込方法】申込書書に所定事項をご記入のうえ、FAX(086-232-5269)にてお申込ください。      ※受講票は発行いたしません。満員の場合のみ連絡させていただきます。         

【お申込み・お問い合わせ】  岡山商工会議所 中小企業支援部 経営支援課(担当:内田・赤木)

詳細については、こちらをご覧ください。

主催:岡山商工会議所